FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2019/02/06

トップ 群馬県の依存症回復カウンセリング

群馬県の依存症回復カウンセリングへようこそ。

初めまして。私は群馬県の依存症回復カウンセリングを運営している仲道さゆりと申します。

普段、私は、DV・離婚・男女問題について、ご相談を受けているカウンセラーであり、特定行政書士です。
プロフィールへ

平成19年から、相談業務について、ご家族の中でおこる様々な問題に、「心の問題」と「法的な問題」の両面から、サポートさせていただいた経験から、

家族の問題はおおよそ、DV(モラハラ)、依存症、借金、浮気、この4つの問題が内在して、この状態が長く続くことによって「うつ病」「生活困窮」「子どもの不登校」「虐待」など、問題が波及して新たな問題が発生し、さらに複雑に絡み合い、どうにもならない状態になってしまうというケースが多いことを実感しています。

家族で問題を抱えたままの、ある意味健全でない状態で育つお子さんの中には、「不登校」や、「万引き」等々の問題行動に走るお子さんもいます。
お子さんにとっては、親が大人モデルであり、親モデルですから、親の価値観、行動、すべて吸収して学んでいきますので、親の問題はお子どもの問題、と考えても差し支えはないと思っています。

そこで、家族の中で予測される問題の予防や回避、すでに起こってしまった問題の改善、回復、修復のためのサポートが必要とされていることを痛感し、平成31年度からの新たな取り組みとしてこのサイトを立ち上げました。

他仕業、他機関との連携も図っていきますので、まずは、「どこに相談をしたらよいかわからない」「とにかく不安」「どうしたらいいの?」という方が気軽に利用していただければ幸いです。
 

相談方法・相談料は?どんなサポートプランがあるの?



スポンサーサイト
2019/01/07

ギャンブル依存症・チェックシート

ギャンブル依存症・チェックシート

 ギャンブル依存症は、世界保健機関(WHO)の国際疾患分類ICD-10では「病的賭博」、アメリカ精神医学会(DSM-5)でも「ギャンブル障害」として明記されている病気です。

もしかしたらギャンブル依存症?と思われる方は、こちらのチェックシートでご自分の状態をチェックしてみましょう。

 

ギャンブル依存症の診断基準(チェックシート)

  1. 興奮を得たいがために、掛け金の額を増やして賭博をする欲求がある
  2. 賭博をするのを中断したり、または中止したりすると落ち着かなくなる、またはいらだつ
  3. 賭博をするのを制限する、減らす、または中止するなどの努力を繰り返し成功しなかったことがある
  4. しばしば賭博に心を奪われている(例:次の賭けの計画を立てること、賭博をするための金銭を得る方法を考えること、を絶えず考えている)
  5. 苦痛の気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ)のときに、賭博をすることが多い
  6. 賭博で金をすった後、別の日にそれを取り戻しに帰ってくることが多い(失った金を“深追いする”)
  7. 賭博へののめり込みを隠すために、嘘をつく
  8. 賭博のために、重要な人間関係、仕事、教育、または職業上の機会を危険にさらし、または失ったことがある
  9. 賭博によって引き起こされた絶望的な経済状況を免れるために、他人に金を出してくれるよう頼む

これら9項目のうち、4~5項目が当てはまると「軽度」、6~7項目で「中程度」、8~9項目で「重度」のギャンブル依存症と考えられています。

もしも、ご自分やご家族がギャンブル依存症かもしれないと思われる方は、回復のためのカウンセリングをご利用下さい。

そして、借金、うつ病、DV、児童虐待、不登校、引きこもりなどの問題があったら、改善の方法を一緒に考えましょう。

お気軽にお問合せ下さい。



お問合せはこちらから








2019/01/06

料金表

 料金表
 
(ご相談料)
 初回30分無料 以後30分超えたところから30分毎に4000円

 二回目からは、30分ごとに4000円の形でお願いしております。


 依存対象からどのようにして離れるか、あるいは、少しずつ離れるためにはどう向き合っていくかなど依存対象についてどうしたいかを伺います。
 それから、今抱えている問題について、例えば借金、住宅ローン、夫婦の関係、お子さんとの関係、などの様々な問題について、どのように解決や改善を図っていくか一緒に考えます。
 

(回復のためのサポートプラン)
当事務所では、依存症からの脱却を図りたいけど、自助グループが苦手な方や、時間が合わない方、人前で話すことが苦手な方、集団の中に入ることが苦手な方、誰にも知られたくない方、12ステップに抵抗を感じる方などの、既存の回復資源では回復が図れないとお困りの方のために、ご本人の御意向に沿ってサポートプランをご提案しています。

月に1回の面談のほかに、予定された希望の時間に、気軽に電話で話したり、あるいはメール等で繋がれる体制を作りサポートします。

依存症の回復には「心の支援」と「法的問題の支援」の両輪が必要で、それらを同時に進めていくことが重要だと考えています。そのため「心の支援」は、アディクションカウンセラーとしてのアプローチで、「法的問題の支援」は特定行政書士として、さらに司法書士と連携して、破産、再生、任意整理などで解決を図っていきます。


サポートプランのメリット
  1. 依存対象から離れる時間を作ること
  2. 全米薬物・アルコールインタベンショニスト協会認定アディクションカウンセラーによる専門的なカウンセリングアプローチで確かな方法で回復を目指せること
  3. 自分の都合の良い時間に合わせてカウンセリングが受けられること
  4. 個別カウンセリングなので、誰にも知られずに回復支援が受けられること
  5. その時の気持ちや苦しい気持ち、イライラ、愚痴、不安、どんなことでも吐き出してストレスを減らす手段がもてること
  6. 借金問題(破産、任意整理、個人再生など)の法的な問題のサポートも受けられること
  7. 一人じゃない、励まし見守る支援者がいることで安心してもらうこと

ご提案する基本的なサポートプランの例です。

・プランA 一か月48,000円
       一か月に1回面談(出張可能)
       一週間に1回、当職から予定された時間に電話します。
       電話での対応時間はおよそ15分程度 

・プランB 一か月68,000円
       一か月に1回面談(出張可能)
       一週間に2回、当職から予定された時間に電話します。
       電話での対応時間はおよそ15分程度

上記のプランAあるいはプランBは、あくまでご参考です。予算に合わせてご提案させていただきます。

ご本人が無理なくすすめられるプログラムの策定が必要なので、プランの内容は人それぞれです。面談回数、電話回数を増減する、あるいは電話ではなくメール等を利用するなどして、その方の今の状態やご要望に応じてプラン内容を変更して対応します。費用はその都度ご相談させていただきます。

なお、自助グループに参加しながらのご利用も、もちろん大丈夫です。

回復の道のりに、正解はありません。その方に合った支援が必要です。

家族から完全に見放されて、ようやく本人がギャンブル依存症を自覚し、GA(自助グループ)や心療内科などの受診にたどり着くまで平均10年かかり、その間作った借金は、約1300万円という統計があります。詳細はこちらから

ご自身の回復のために使う費用を、高いと捉えるか、安いと捉えるか、人それぞれだと思います。費用の捻出が難しい方もいらっしゃると思いますので、費用を抑えた形のプランもご提案します。その点も含めてのご相談も賜っています。

サポートプランのお見積り、あるいは、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

もしかして依存症?チェックシートはこちらから

お問合せはこちらから





2019/01/06

プロフィール

プロフィール

群馬県前橋市生まれ。
地元の高校卒業後、地元の地方銀行に入行して3年で円満退職。
22歳で結婚して2児をもうけ、専業主婦の傍ら平成6年度の行政書士試験に合格。
元夫からのDVと借金で離婚。私のDV離婚の詳細はこちらから。
アルバイトや事務の仕事を約7年間続け、平成19年7月から5年間に渡り、某公的機関(DV専門)において、DV相談員として従事。DV相談やDV被害者支援、自立支援、家庭裁判所同行支援、保護命令作成支援に携わる。 同公的機関において、離婚、男女問題、こころの問題、精神的な問題など、相談全般の相談を経験。

平行して、平成20年3月、さゆり行政書士事務所(円満離婚相談センター)を開業。

(これまでの活動)

平成20年より、アウェア(デートDV被害者支援団体)認定デートDVファシリテーターとして、短大、高等学校など、デートDV防止教育の出前講座を開始。

平成21年より、児童虐待・DV被害者支援団体NPO法人「ひこばえ」副理事長として、DV講座の講師、DV被害者の支援やDV被害者支援活動を開始。

平成22年より、治験薬外部委員就任。

平成23年度から平成27年度 ぐんま成年後見サポートセンター入会。 家庭裁判所の後見人候補者名簿に登載。

平成22年度~平成26年度 群馬県行政書士会理事に就任。群馬県行政書士会の運営に携わる。

平成24年度より、反貧困ネットワークぐんまの運営(生活困窮者、自死対策などの支援活動)に携わる。

平成25年度より、前橋市男女共同参画審議会委員に就任、前橋市の男女共同参画基本計画に携わる。

平成27年度より、群馬県行政書士会綱紀委員就任。

同年、厚生労働省管轄の相談機関の嘱託相談員として従事。

同年、全国クレサラ・生活再建問題対策協議会の実施県として、その運営に携わる。

同年、 特定行政書士合格(特定行政書士は、平成27年に新設された新たな資格で、行政書士が作成申請に係る不許可処分等に対する不服申し立て手続きの代理業務が行えることになりました)

平成29年度より、群馬県行政書士会理事に就任。

同年、LGBT(セクシャルマイノリティ)の方の相談支援を開始。

同年、妊活、不妊、セックスレスなどの夫婦の性生活の問題に対し、専門的知識をもって、その問題に取り組むべく、特定非営利法人日本不妊カウンセリング学会に入会し研鑽活動に励む。

平成30年度より、結婚前、再婚、離婚、夫婦関係修復のための群馬マリッジカウンセリングを開設。

同年、ギャンブル依存症などの依存症回復のためのカウンセリングと、依存症から派生する借金、うつ病などの様々な問題に対応するための包括的なカウンセリング体制を作る。


(資格)
・行政書士試験合格(平成6年度)
・特定行政書士試験合格(平成27年度第1期)
・メンタル心理カウンセラー資格取得
・メンタルヘルスマネジメントⅡ種検定合格
・アウェア認定デートVD防止プログラムファシリテーター
・産業カウンセラー資格取得
・NPO法人メンタルレスキュー協会 クライシスピアサポーター(CPS)合格
・NADAI(全米薬物・アルコールインタベンショニスト協会)認定アディクションカウンセラー


<これまでの主な研鑽活動>
・児童虐待・DV被害者支援 NPO「ひこばえ」の種々の活動
・ゲートキーパー養成講座
・群馬県司法書士会ADR(裁判外紛争調停)初級講座
・群馬県行政書士会成年後見講座
・反貧困ネットワークの種々の活動
・アサーショントレーニングベーシックコース
・ギャンブル依存症の方のための支援講座
・依存症問題対策講座
・フェミニストカウンセリング(基礎・応用)
・日本非営利活動法人 日本不妊カウンセリング学会入会
・うつ病回復支援
・依存症回復支援
  その他多数




続きを読む

2019/01/06

お問合わせ

【お問合せ】

お問合せはお電話あるいはメールフォームでお願い致します。
お気軽にご利用下さい。

メールフォームはこちらから
              
メールの無料アイコン素材 


群馬県前橋市大渡町一丁目6番地9号 津田ビル302
電話番号 027-252-5624
携帯番号 090-9332-2873

カウンセラー・特定行政書士
仲道さゆり

仲道さゆり

カウンセラーで特定行政書士の仲道さゆりと申します。平成19年から、主にDVや離婚問題に携わってきました。その経験から家庭の中で起こっている問題は、おおよそ依存症、特にギャンブル依存症、借金、うつ病、DVが複雑に絡まっているケースがとても多いことに気づきました。これらは個別の問題でありながら、複雑に絡まっていますので、当事者の方から「最初にどこに相談したらよいかわからない」と聞きます。そのため、包括的に相談が受けられる相談体制作りの必要性を感じ、依存症回復カウンセリングを立ち上げました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。